人気の薬剤師について

薬剤師は安定した職業としても人気が高く、薬剤師になりたいという希望者は年々増加傾向にあります。ただし、実際に薬剤師になるには、6年間修学する必要があり、その間の勉強や実習のことを考えると簡単に慣れるものでもありません。また、薬剤師になるための就学期間が4年間から6年間に変わったことで薬剤師になるための学費の負担が大きくなったという点も見逃せないでしょう。

さて、大学で修学しその後国家試験を受けることで慣れる薬剤師ですが、一旦薬剤師になると職業としては比較的恵まれている環境が多いのも特徴です。

その1つとして、アルバイトやパートにおいて時給も高く男女間の格差がほとんどないということがあります。一般的な仕事であれば、アルバイトやパートとなると最低賃金に近い時給しかもらえないというところも珍しくありませんが、薬剤師として働く場合は、アルバイトやパートでもかなり高い時給であることが多いのです。もちろん、その分、責任は重いということも言えます。アルバイトであろうとパートであろうと、薬剤師として患者さんに行う行為は、法律に基づき厳正でかつ責任ある行為となります。

さて、薬剤師の仕事内容は、製薬会社、一般企業、病院など勤務先によって多少変わってきますが、薬剤師として働くことの多い調剤薬局と病院の例で言うと、薬剤師の業務は基本は医師の処方せんにより薬剤を調合することです。ただし単純に処方せんをみて調剤をするだけでなく、患者さんの体質やアレルギーがあるなどの記録を確認し服薬指導をすることは不可欠です。また医師が出した処方内容に問題がないかどうかを確認したり、処方せんの場合は記載ミスや不備などがないかを確認したりします。

薬剤師の魅力は仕事に即戦力として結びつく事です。
ドラックストアなどの普及に伴い、特に地方ではまだ薬剤師が不足しているところが多くあります。一方、都会の方では薬剤師の充足感もみられ、条件の良い職場を探すことは難しくなってきています。今後、医薬品が販売される場所がドラッグストア以外にも増えて、例えばコンビニなどでも販売されるようになった場合、さらに薬剤師が必要とされるのかどうなるのか、というのは多くの薬剤師に興味があるところかもしれませんね。また訪問医療の増加により患者さん宅での投薬や服薬指導が認められるようになってからは、患者さん宅に訪問する薬剤師の人手不足が言われていますが、どのようなスタイルで落ち着くのかはこれから数年間は注目されるところですね。

また少子高齢化に突入した日本においても、医療関係の仕事では、薬剤師の不足が深刻です。そのため求められる需要も大きく、年をとっても働けて転職もしやすいのが魅力です。 最近の大学でも生徒数確保のため、薬学部を新設するところも増えています。薬剤師として働くには、薬剤師資格が必要ですが。

将来の就職を考えると、病院や薬局の他にも企業勤務、ドラッグストアーなど幅広い選択肢があり、転職のメリットはかなり大きいといえます。また社会の信頼度も高く、今後は薬剤師のコンサルティング的な業務が増えるとも言われ、人生や生活面においても薬剤師の資格は多いに役立つといえます。